足りない親子が足りないなりに《普通》に近い生活をする方法(導入編)

このブログを読んでおられる察しの良い方は、自分の夫のYさんのことを「もしかしてアスペルガーかも」と思われたのではないだろうか。 Yさんは空気を読むことが苦手で、人との距離感がちょっと変だ。自分から見れば突飛な(しかしYさんにとっては必然性のある)行動を取ることが多く、様々なことにこだわる。匂いや感触に…