どうにもならない

どうにもならない人のライフハック

どうにかなりたい

足りない親子が足りないなりに《普通》に近い生活をする方法(中学受験編)

息子が小学4年生の時、夫婦で話し合った結果、息子に中学受験をさせようと決めた。公立中学よりも私立中学の方が、息子の特性に合っている、と考えたのがその理由だ。 中学受験をするためには、進学塾に通わないといけない。自分は上の子を中学受験させた息…

足りない親子が足りないなりに《普通》に近い生活をする方法(導入編)

このブログを読んでおられる察しの良い方は、自分の夫のYさんのことを「もしかしてアスペルガーかも」と思われたのではないだろうか。 Yさんは空気を読むことが苦手で、人との距離感がちょっと変だ。自分から見れば突飛な(しかしYさんにとっては必然性のあ…

マリッジブルーを乗り越えるためのたった一つの方法

自分が「この人と結婚しても幸せにはなれない」と思っていた人と、結婚するに至った経緯を書いておきたい。 夫のYさんと籍を入れたのは、2001年の12月のことだ。その年の春に、お互いの両親に結婚したい人がいると伝え、5月に自分はYさんの両親に挨拶を済ま…

インテリアのセンスが全く合わない夫と一緒に暮らす方法

「ものを飾る」という点について、夫とセンスが合わない。 最初にそれに気づいたのは結婚する前、夫のYさんが大学のサークルの先輩だった頃だ。 ある時、サークルで七夕会をすることになり、手先の器用なYさんが七夕の飾りを担当することになった。 七夕会の…

ホラー漫画と推理小説しか読んだことのなかった小学生が詩と短歌に目覚めた理由

小学5年生の時のこと。 自分のクラスの学級新聞には、順番で“取材記者”を担当させ、取材記事を書かせるコーナーがあった。 近所の八百屋や本屋など、記者が自分達で決めた取材先に出掛け、「一日に何円くらい売れますか」とか「一番大変なことは何ですか」と…

ガロ大好きサブカル馬鹿が紆余曲折あって商業誌で連載を持つにいたった経緯

(※この話は、商業誌でデビューして読み切りが時々載るようになったものの、なかなか連載の企画が通らず足踏み状態の新人作家の方にとって多少参考になるかもしれません。あと、話をまとめる力がないので長くなります。すみません) そもそも自分は漫画原作…

10年続くいじめスパイラルから抜け出す方法

小学4年生の時、Tさんという女の子と同じクラスになった。 Tさんは背は小さいが活発で目立つ女の子で、身長順に並ぶ時は、同じく背の小さい自分の前に並んでいた。全く活発でなく目立たない自分は、初対面から「なんであんたが私の後ろなの」と言われ、何が…

あの時の自分が会社を辞めなかった二つの理由

1999年、ノストラダムスが予言を外したため、自分は大学を卒業したあと、全国チェーンの総合スーパーで働くことになった。この年はなかなかの就職難で、当時よく麻雀をして遊んでいた研究室の友達の中で、就職が決まったのは自分ともう一人だけだった。 配属…